JA全農たまご株式会社

JA全農たまごが
できること

つくる人、売る人、食べる人を支える

「たまごがある」という、当たり前の毎日が、ずっと続くように。私たちJA全農たまごは、つくる人、売る人、食べる人をつなぎ、鶏卵の需給調整と安定供給に努めています。そして、国内鶏卵産業の発展と、日本の「食」と「農」の充実に貢献しています。

つくる人、売る人、食べる人とJA全農たまごの関係図

つくる人を支える

JA全農たまごとつくる人の関係図

毎日たまごを安定的に仕入れ、生産者を支えることは、JAグループである私たちの最も大切な機能です。販売産地数、流通数日本1位の供給力をバックボーンに、日本有数の大規模事業者から、自社商品を販売するメーカー、平飼いの小さな農場まで、あらゆる規模・種類の生産者と取り引きしています。
また、市場・消費者情報の提供、生産状況の確認・管理のほか、販売先への生産現場の紹介、経営や事業のご相談なども行っています。

売る人を支える

JA全農たまごと売る人の関係図

パック詰めたまご、液卵、鶏卵加工品を、鶏卵問屋、量販店、加工メーカー、外食産業などへ販売している私たちは、消費者やマーケットの立場に立ち、販売先を支援しています。
市場トレンド・消費者動向などの情報提供はもちろん、新しいレシピの提案や新商品企画、さらには、マルチにたまごを扱える強みを活かし、販売スペースのコーディネートなども行っています。
また、たまごのリーディングカンパニーとして、全国の鶏卵の需給(生産・販売)動向を集約した相場情報を毎日発表しています。

食べる人を支える

JA全農たまごと食べる人の関係図

たまごを専門に扱う会社だからこそ知っている、たまごに関するさまざまな情報を日本全国の消費者に提供しています。
消費者にたまごの魅力と正しい知識を伝えることは、当社の大切な使命の一つ。例えば、親子料理教室を開催し、栄養の知識だけでなく、料理をつくる楽しさ、食べ物や農業の大切さを伝える活動を行っています。また、たまごを通じた社会貢献と、子どもたちの健全な食生活を支える食育活動などにも積極的に取り組んでいます。

JA全農たまごのCSR活動
JA全農たまごのスイーツショップ TAMAGO COCCO
JA全農たまご監修のたまごに関するAtoZ