知る・楽しむ

たまご通信 大西先生に聞いてみよう たまごの栄養 たまごができるまで・届くまで 生産者さんの顔が見える ひよっ子でも分かるたまご相場 親子料理教室 資料室 ブログ ダウンロードアイテム オムレッツワールド

ひよっ子でも分かるたまご相場

相場ってなぁ〜に?

鶏卵の取引価格は、当社を始めとする各地の荷受会社が日々発表する鶏卵相場を指標として決定されています。 続きをみる
鶏卵の取引価格は、当社を始めとする各地の荷受会社が日々発表する鶏卵相場を指標として決定されています。相場を発表する機関はこのように複数存在しますが、その代表がJA全農たまご㈱となります。日々の鶏卵相場は各荷受会社のホームページや新聞の商品欄で確認することが出来ます。
LサイズやMサイズのような卵(レギュラー卵とよくいいます)は相場の変動によって価格が変わりますが、ヨード卵やしんたまごのような特殊卵の価格は相場に関わらず固定であることが多いです。 とじる

たまごの相場は何を基準に決まるの?

たまごの相場は、生産量や売れ行きによって変動します。 続きをみる
たまごの相場は、生産量や売れ行きによって変動します。
たまごは、魚や野菜と違って季節や天候による生産量や品質の変化が少ないため、現物を見ながらのセリや相対取引で決まることはありません。相場を発表する各荷受会社は日々の需要と供給のバランスをみながらその均衡点としての販売条件を決定発表しています。このような相場の決め方のことを、セリや相対取引によって形成される卸売相場に対して荷受相場といいます。
基本的に夏場は低く冬場は高くなります。特に12月はクリスマスケーキやおせち料理などの影響で、需要も高まるため、相場も最高値となることが多いです。
その他の要因として、平成16年には、79年ぶりに発生した鳥インフルエンザの影響で、年始に突発的な不足状況が発生し、相場が高騰しました。 とじる

相場はどうやって発表されるの?

たまごの相場は相場の発表される日の午前9時に各荷受会社から発表されます(高値、安値は午前11時に発表します)。 続きをみる
たまごの相場は相場の発表される日の午前9時に各荷受会社から発表されます(高値、安値は午前11時に発表します)。
当社でもホームページでその日に発表した相場を皆さんにお知らせしています。(土曜、日曜やお盆期間、年末年始など相場を発表しない日もあります) とじる

たまご相場の見方

たまごの相場は現在、農林水産省規格に定められた“LLサイズ~SSサイズ”までの6つのサイズに分けて発表されています。 続きをみる
たまごの相場は現在、農林水産省規格に定められた“LLサイズ~SSサイズ”までの6つのサイズに分けて発表されています。
これに加え、主に有色卵の取引の指標に用いられる“特殊高値”と主に加工用の卵の取引の指標に用いられる“特殊安値”について発表されています。日々発表されているこの相場をもとに様々なたまごの取引が行われています。 とじる

たまご相場Q&A

たまご相場に関するQ&Aをご紹介します。 続きをみる

たまご相場に関するQ&Aをご紹介します。

Q:発表されているたまごの値段の単位は何ですか
A:単位は1kgあたりとなっています。

Q:基準値と高値、安値の違いを教えてください
A:基準値は、各荷受会社が日々の需給と供給のバランスの均衡点として決定した指標値として発表されています。高値は主に個配業者さんや小売店さんが配送コストや人件費などを計算する時に使われる指標値となっています。安値は主に資材費や洗卵のコストのかからない原料卵(洗ったりパックに詰めていない卵)の取引に使われる指標となっています。実際の取引の現場では取引の場面や商品に応じてこれらの値を使い分けながらやり取りが行われています。

Q:相場の用語を教えてください
A:鶏卵相場にも株式市場と同じようにその日の相場状況を表す用語がいくつもあります。
ここではその中から代表的な物を紹介します。

1保合(もちあい) :全てのサイズの価格が動かないこと
2上伸(じょうしん) :Mサイズを含む各サイズの価格が上がること
3下押し(したおし) :Mサイズを含む各サイズの価格が下がること
4大玉高(おおだまだか) :LL、Lサイズが上がり、Mサイズ以下が保合の状態
5大玉安(おおだまやす) :LL、Lサイズが下がり、Mサイズ以下が保合の状態
6小玉高(こだまだか) :MS以下のサイズが上がり、M以上のサイズが保合の状態
7小玉安(こだまやす) :MS以下のサイズが下がり、M以上のサイズが保合の状態
8まちまち :各サイズが上げたり下げたりの状態
とじる